オーラソーマ

8日間の東京での研修を終えて気づいたことは

私は私のルーツに繋がりたかったのではないかということでした。

歩いて、歩いて、瞑想して、気づいて

最終日に1本目に選んだのはクリアー/レッドのキリストのボトルです。

このボトルを使うと私はリラックスできるのです。

ということは私は私のルーツに繋がることが出来

グランディングして、そして前に進めるのです。

もちろんエネルギーの欠乏を助けてくれますし、自分が何者であるかを受け入れる強さをもてます。

 

今朝14番のボトルを使いきったので、これから55番のキリストのボトルです。

 

日記

8日間の東京滞在中、私はいろんな聖なる場所を訪れました。

いつもならホテルとセミナー会場の往復のみ。

でも今回はけっして体調がよかったわけではないけれども

せっかく東京にいるのだからと

朝早く起きて、携帯のナビをたよりに

明治神宮、長谷寺、成田山深川不動堂、日枝神社、神田明神、神明宮、そして聖カテドラル教会の関口教会などへ。

どの場所もすばらしかったのですが、特に印象深いのはルルドの泉のエネルギーの関口教会です。

私がここの地下にある礼拝堂を訪れたのはちょうど朝のミサが終わった直後だったようです。礼拝堂へのドアが開かれていたので、私が導かれるように階段を降りていくと、もう礼拝堂のドアに鍵をかけるところですと言われました。

「でもせっかくいらしたのだから少しお祈りをして行かれたら?」

と声をかけてくださったのは、よくはわかりませんが牧師さまの奥様?

私は礼拝堂でたったひとり(本当は後ろのほうの席で奥様がただ待ってくれていました)マリア様の前にすわり、ただただその暖かいエネルギーを感じていました。

するとなぜか涙があふれてきました。

泣くつもりなんてなかったのに・・・

 

 

 

 

オーラソーマ

オーラソーマの更新のために東京に8日間も行ってきました。

マイクのレベル2&3です。平成最後の8日間を東京で過ごしました。

もちろん色について学ぶのですが、結局自己探求なのですね。

時々自分と向き合うのがつらくなる時もあります。

けれども今回は過去において

自分のお腹の中で絡み合ってほどけていない感情と向き合い

それをほぐすという作業が出来たような気がして

すっきりして帰って来ることができました。

人との人間関係の中で

もやもやすることはよくありますが

結局は誤解であることがよくあります。

「けっこういい人じゃん」と思えたらお腹の中で絡んでいるひもはほどけるようです。気づきがあるのがオーラソーマ。

やっぱりボトル使うのって楽しい!

 

 

 

オーラソーマ

 

前回クリアー/ゴールドの14番の泡が消えないことを書きました。1本使い終わったので、もう一度同じボトルを使うことにしました。同じことが起きるのかどうか確認するためです。

やっぱり、今回も上層のクリアの部分にこまかい泡が立ち、それがずっと消えることがありません。

私は動揺しているのかもしれません。

安全という感覚が根底から覆されようとしているのかも。

でもこのプロセスを超然として見守るしかありません。

過去生で起きたこと、そして今生で起きること、そしてそれに関する心の痛手や傷を癒すのにゴールドは役立ってくれるのです。ゴールドにすべてをゆだねましょう。

 

オーラソーマ

いつまでたっても消えない泡のことを昨日書きました。

これがじっさいの写真です。あと1/3ぐらいになったのですが上層は泡でいっぱい。そして消えることはありません。よっぽど私の内面に何か起きています。

そういえば、3日ほど前から口のまわりも荒れてきました。胃が荒れているのかもしれません。自分の中で起きたことをなかなか消化できずにいるのです。

ゴールドは自分の中にある説明のつかない恐怖や不安です。

このボトルを使うことで生気を取り戻して、自信をもたらしてくれるはず。