オーラソーマ


エルモリヤは最初に現れたマスターです。
マスター達の中で唯一、水の世界と関係しています。
彼はカップを持っていて、そのカップから水があふれ出し、地球上の生命すべてに水を与え、育みます。水なくしては私たちは存在することは出来ません。私たち自身が70%が水で出来ているからです。
そして水はいろいろなものを吸収したり、または浄化したりします。今日はペールブルーの光(ビーマライトペン)を使ってセッションをしましたが、まさに身体とマインドから水分を開放して古い考えや信念、身体の中にため込まれた毒素を手放していくというものでした。

ペールブルーは不思議です。オーラソーマではよく「ブルーの球体瞑想」というのをしますが、私たち自身がペールブルーに包まれると、本当に平和と自分への信頼を感じることができます。

また、亡くしものをしたり、何かをさがしている時には、それにペールブルーをかぶせてやるとすぐに出てくるのです。
何度もペールブルーをかぶせて、どこにいったかわからなくなったものを探し出したことがあります。色の体験はいつもワクワクおもしろいです。

オーラソーマ


最近、関心のあることの一つに何を食べたらいいか。
何が内臓のどこにいいのかというのがあります。
やはりそれは色と関連していて
例えば胃を丈夫にしたい場合は
黄色いカモミールのハーブや野菜だとコーンなんかがよいのです。黄菊なんかは目にもいいですね。

ところでなぜかターコイズとマゼンタのボトルを使うと身体に必要なものが何なのか理解できるようになるとあります。ターコイズは自分を深く理解することと関係あるからですかね~。

カレーとかに入っているうこん(ターメリック)やサフランについて調べてみたりして、これも45番のボトルと関係あるのでしょうか?
もう少し、使ってみます。

オーラソーマ

イスラフェルのボトルが終わりました。

イスラフェルにどれだけ助けられたことでしょうか。
そりゃあ2本も使ったのですから。
「どんな状況であろうとも、自由でいる」
それこそ自由でしょうよ。それがターコイズのテーマでもあるわけで
あなたはこうでないといけない、とか
もっとこうしなさい、とか
まわりの人が、とか
仕事があるからとか
上司がとか、おいといて
頭の中でどう思うか, どう感じるかは自由です。
私たちは枠に囚われることなく反逆者でいることができます。

で、今日からこの子を体験します。
上層部のターコイズはまだいて
下層はマゼンタに変わりました。
マゼンタがターコイズを助けるのです。
私が何かを書く時、上から創造的な何かが降ってきたらいいのに。私が何か話す時、情報がいっぱい降りてきますように。そんな思いで使いたいと思います。

オーラソーマを勉強してみたい方へ。
11月22日~25日までレベル1ファンデーションコースを開催します。
お気軽にお問合せフォームからお問合せください。
受講料は4日間88,000です。(修了書、テキスト等込み)
10:00 ~ 17:30

オーラソーマ

2本目のイスラフェルも残り少なくなってきました。
今回は「イスラフェル、イスラフェル」と呼びながら使っています。
変化はというと
「私は自由だ~」と思えたことでしょうか。
この世にはいろいろと社会の抑圧的な条件付けがあったり、
意見の違いがあったりしますが
私はどう生きようが、どう考えようが
何を好きでいるかとか
誰にも何も制限されるものではないと思えたのです。
このことが自分の真理を生きるということかもしれません。
そしてターコイズの「楽しんでいい」
をもっと自分にゆるすことが出来ました。
もうすぐハロウィーン
今日はパンプキンのかざりを飾ってみました。
こうもりのチョコも買ったし
さて
誰が食べてくれるでしょうか?
31日はハロウィーンのケーキを作りますよ。

オーラソーマ

 

 

このボトルを1本使って
さらにもう1度2本目のイスラフェルを使っています。
このボトルは自分が求められたことにどのようにつながるのか、という自己の真の目的を求めている人たちのボトルでもあります。

私たちは変化の中にいて、その目的に繋がろうとする時、大きなチャレンジと向き合うことになる場合があります。そんな時は「イスラフェル」の名前を呼ぶことが第5の門を開けることにつながると言われています。第5の門を開けることは喉のチャクラともちろん関連し、イスラフェルのターコイズにささえられているのだとか。

ということで私は今晩から「イスラフェル」と呼びながらこのボトルを使うことにします。結果はまた明日から報告します。