オーラソーマ

 

B14番を使いだして2週間ほどになりました。ボトルは通常振って使います。上層の色と下層の色が一時的に混ざって、乳化した状態(健在意識と潜在意識が混ざる)で自分の身体に塗ります。

そしてその後しばらくすると元の2層に分かれた状態にもどるのです。

でも今回は不思議なことが起こっています。

それは上層のクリアの部分が本当に細かい泡のままで、泡はいつまでたっても消えることがないのです。

クリアとゴールドではなく、ホワイトとゴールドの状態になっているのです。

今までも何回もクリアの入ったボトルを使ったことがありますが、こんなことは初めてです。

どういうことを意味するのでしょうか。

ためしにこのボトルを使ったらもう一度同じボトルを使ってみようと思っています。私の健在意識に何かが起こっているのです。いったい何でしょう。

 

 

オーラソーマ

昨日はオーラソーマの勉強会でした。

私達は1月に誕生したロイヤルブルーとマゼンタのエネルギーである妖精の女王マブについて探求することにしました。

いつもはピンクのポマンダーで始めるのですが、昨日はマゼンタのポマンダーを使うことにしました。

するとピンクのやさしいエネルギーとはちがって、皆は何か大きなエネルギーを感じたようです。まさに天上から降りている大きなエネルギーです。

そしてマブはロイヤルブルーのマントをはおっています。

地上に存在するローズマリーや、ラベンダー、バラと言った植物のエネルギーと、夜の天空のような潜在意識の波が、ゴールドの光線を作り出し、何かを変えようとくるくる回っている。

私達がマゼンタを意識する時は、それが小さく見えるかもしれないけれども、大きなことにチャレンジしようとしているのです。まずは小さなことにチャレンジすること。それは人それぞれちがうけれども、チャレンジすることに意味がある。

マブがロイヤルブルーのマントをかけてくれたら、あなたは変われる。

そんなメッセージを私達は受け取りました~。

オーラソーマ

今日からこのボトルを使います。

自分自身を発見する知恵と明確さを持ち、それを使うことで本当の自由を見つけることができる。とあります。

本当の自由とは何だろうな~。

困難さと対面したとしても

それと直面する勇気を持ち

本当の自分を生きる、そうありたいものです。

過去生セラピーとしては前世の心の痛手や傷を癒すのに役立つ。。

そして肉体的には肝臓に働いてくれます。

解毒ですね。

 

日記

このボトルのメッセージはショックをうけた時の内側からの深いヒーリングです。

小学校の同級生の○○君はそれからなんどか私に電話してきました。

もちろんお客様が来られている時は

「今忙しいから」 とお断りし

そうでない時はまあ、同級生ですからね、とりとめのない話をしました。

私の身体の調子が悪い時はずいぶんなぐさめてくれたりもしました。

ある時、○○君が実際にお店にやってきました。で話をしていると

どうも話がかみ合わないのです。

「あの、この間電話で話したでしょ」というと

「えっ、僕電話なんかしたこと一度もしたことないよ」と言うのです。

もうパニックです。

○○君が2重人格かとか思ったり

私がぼけたのかとか思ったり

私が電話で話していたのはいったい誰だったのか。

「あんた誰よ」と

今度かかってきたら聞いてやろうと思っていたのですが

もうかかってこない・・・・。

私はもうちょっとでだまされるところだったのかな~。

「ぼくわかる~?」

と切り出されたら要注意です。

このボトルは今日使い終わります。

 

 

 

 

 

日記

オレンジ色はショックを癒す色であり

下層のヴィオレットは一言で表現すると癒し

このボトルをもうすこしで使い終わるという時にショックなことが・・・

それは私がもうすこしでおれおれ詐欺にひっかかりそうになったことです。

ある時に知らない男性から電話がかかって来ました。

「もしもし、僕わかる?」

「誰?」

「小学校の時の同級生」

「えっ?」

「背が高い人」

私の頭の中のコンピューターがいろんな人の中から1人の男性を検索しました。

「○○君?」

「そう、あたり~」

ということで、私はその人を○○君と思い込み話をしたのです。

つづく