オーラソーマ

イエローの中に喜びがあります。

今日は帰りにワインでも買って帰ろうかなと思います。
というのは、本当に小さなことかもわからないけどいいことがあったからです。
今朝、このボトルを塗る時に、なんだかいつもと違って
すごく自分の中に浸み込んでいくような感覚がありました。
塗っても塗ってもさらさらとしていて、自分の細胞の中にす~と入っていくような気がしたのです。
このボトルは私達のアストラル体の部分に光をもたらす、と本には書いてあります。そんなこと言われても、これはなかなか言葉の世界を超えてるぞと思うのですが、あえて表現するならば、アストラル体は目には見えないので、微細な感覚の中で今までの自分がやってきたことを喜ぶというか、よくやったね、とお祝いをするみたいな?

自分がやるだけのことはやったよ。あとは結果を待つのみ。今日はそんな日です。。

日記

今日からこのボトルです。
このボトルの名前は壮麗なるヴィジョン」
壮麗なるヴィジョンとは自分の中にある苦しみを手放して
苦しみの代わりに喜びがあるということを瞬間瞬間ごとに知るということなのだそうです。

私達の身体ではイエローの領域は、まさに胃のあたり。私はこの一週間あまり胃を大切にしようと意識し、生野菜信仰を捨てて、消化にやさしい温野菜に変えました。肉体的に自分を酷使してきたことをやめて、楽でいいんだよと自分にやさしくした感じ? 楽ということは楽しいということですね。唇の、がさがさしていたのがよくなりました。手の荒れもよくなっています。

 

日記

クツミを使いながら、私は生野菜をやめることにしました。いざやめようとすると、もうすでに冷蔵庫にはベビーリーフやレタスやアボカドもあるぞ。さてどうしたもんか。焼魚の場合には、大根おろしは必須やし、消化にもいいんやからよしにして、ベビーリーフはさっと焼いてゆで卵のサラダに混ぜました。アボカドはそのまま食べて・・

そして、大根やらニンジンやら鶏肉なんかの炊いたんを食べ、朝にパンにはさんで食べていた生キャベツの千切りはいためて食べることに。食べるものを変えたのではなく、食べ方を変えたんです。一日2個ほど食べていたみかんはやめました。するとなんと血糖値が下がってきました。これにはびっくりです。みかんの果糖は思っていたより糖分が多く、これがコレステロールを上げる原因にもなっていたことも本で知りました。こんな簡単なことで血糖値が下がるとは驚きです。

私の胃はずっと前から、もう疲れたよ~と言っていたのに、私の生野菜信仰により、サラダを食べ続けていたのでさらに胃が疲弊してしまったにちがいありません。私にはやわらかく煮たお野菜が必要だったのです。もうしばらく続けてみます。

オーラソーマ

『からだは食べ物でできています』という本を最近読みました。
というのはこの本を書いた管理栄養士の小池孝子さんという方からこの本をいただいたからです。

この本には生野菜とか、果物とかをひかえて、暖かいものを食べなさいと書いてあるのです。
私は去年の最初に、四柱推命を見てもらった時に
生のものをたくさん食べなさいと言われたので、せっせと大根おろしとかサラダとか生のものを食べてきたのです。

あれ~、ぜんぜん言うことがちがうじゃん。酵素がいいから生きているものを食べなさいと言われたのに、この本には生きているものはあかんと書いてある。
けど、今の私の状態は胃がたしかに弱っている。と感じるわけです。では3日ほど暖かいものを意識して食べてみようかな。

オーラソーマ

今年もよろしくお願いいたします。今朝イエローのボトルを使いきりました。
そして、今晩からはペールイエローのボトル クツミを使う予定です。イエローのボトルが強まったのがこのクツミです。消化吸収に関する症状を緩和してくれる予定です。現実的な消化吸収と、まわりで起きる様々な出来事を消化吸収するという意味もあります。本当に
2021年は不安な幕開けですが、怖がらないで愉しむこと。目に見えない大切なものに気づける年でありますように。そして今年は色に関してもっともっと発信していくつもりです。イエローを楽しむぞ!