朝起きたときに、夢うつつに直前に見たものを思い出した。

それは信号のようだった。

イエローとレッドが輝いている。

だけどブルーがなかったんだった。

私はこの12番のボトルを持って帰っていて

(それは以前に間違えて注文していたもので、間違えるというのも何か意味があるかもしれないと思って使おうと思っていた)

朝、さっそく全身にこのボトルを塗った。自分の身体のまわりに保護のベールをかぶせるように全身に。

実際に私を元気にしてくれたのはお客様の

「ケーキおいしかった~」

「もう、じょうずっ」

という言葉。そういやあ言葉はブルーのエネルギー。

誉められるということが、こんなにエネルギーをもらえるものだとは

びっくりぽん。

 

 

 

No.99大天使ザキエル

もうすぐ春ですが、桜餅のような甘さとちょっとほろ苦さがあいまって

私達をまた新たな人生の流れに誘い込んでくれるような、そんなボトルです。

新しい目的に向かって進むとき

ちょっと躊躇してしまいそうになりますが

あとまわしにしないで、とにかく塗ってしまいましょう。

新しい自分に変わるために

1日でも早いほうがよくないですか?

私達の中できっと何かが変わります。

新しい自分を受け入れると

100という数字が待っています。

進化が待っています。

 

大天使ラファエル。彼は癒しの天使として知られています。医療従事者、ヒーラー達をサポートします。サバイバルの問題や自分の中にある古いあり方を手放して、安心して生きるその感覚を養う時であると告げています。

まさに直感を信頼すると、クリエイティビティが広がるのです。

今日はオーラソーマの勉強会。

まさこさんはロイヤルブルーの音楽を体験して、いろいろとクリエイティブなイメージがやってきたので、

「私っておかしいのかしらん?」と言いましたが

いいえ~、まさにそれで合っているのです。

直感を信頼すると、自分のクリエイティビティが目覚めるのです。そしてそれがもっともっと表現される機会を待っているのです。

私達は自分をもっと表現していくことを許していいのです。

 

78番のクラウンレスキューを今朝使いきった。神のレスキューとも言われる、いわゆる移行期のボトル。すべての終わりに新しい始まりがある、というように何かが終わり、何かが始まるボトル。

昨日はお休みだったけれども、確定申告もまだ途中なので、午前中はお店へ。

そしてお昼で一旦終わって、ひさしぶりに自分の癒しへ。

アクセスバーズというのを受けてみる。

何かが始まるならば、何かを手放すことが必要。それならばちょうどいいかも。78番がもう終わるという時にはぴったりと思って・・・。脳のお掃除ということだったので。

で、

いつもスコンと寝れる私なのに、昨日の夜はランランとして、もやもやとして寝れない。

もうこのまま朝が来るのではと思うぐらい。

イギリスに行った時のことを思い出した。そういやあ、1日だけどうしても眠れないときがあった。

クリスタルとワークした日の夜、なんだかいやな自分がいっぱい出てきて眠れなかった。けど朝になると、どさっと何かが落ちた感覚があり、あれっ、手放したかもっと思った。

昨日もそう。

私のエネルギーがもれている。そんな感じがして

私は私のために自分のエネルギーを使わないとだめじゃんか。という内なる声がする。

そうだ、私はこれからは自分のために自分のエネルギーを使おうと決めた。

そして今晩からは29番のボトルを使う。

レッドとブルーの「起きて進め」のボトル。

シェイクするとやっぱりバイオレットっていうのは変わらないけど・・

これからはエネルギッシュに世界とコミュニケートする。私のところにどんなエネルギーがやってこようとも、嬉しく受け入れることにしよう。

 

 

先日うれしいニュースを受け取りました。

ちえみんから電話があって、今から契約にいくからその前にとりあえず私に電話を、というのです。

「なんの契約?」と私は聞きました。いやいや本当はわかっています。

お店を始めるので、店舗を借りる契約なのです。

「す、すごいやん」と私

もう、7年ぐらい前のことになるでしょうか。

私とちえみんは三木市の神出神社にいました。

ちいさな石ころをお互い100個持ち、お百度をふんだのです。

じゃりが敷き付けられた境内の歩きにくかったこと。

100回のお参りをした後で、汗ばんだ私はこう言いました。

「自分のお店を持ちたい!」

そしたらちえみんが

「じゃあ、そのお店に私の絵を飾りたい!」

私の描いた夢が実現したのは、それから2年後のこと。

そしてそれからまた5年後の先月、ちえみんの夢がかないました。

ちえみんの作品展の開催でした。

それからたった1か月しかたっていないのに

ちえみんはお店を借りて、お洋服のリフォームのお店を開くことになったのです。

「いい場所が見つかったんよ、駅のすぐそば」とちえみん。

言葉にしたことは必ずかなっていく。

すごいわ。

 

 

 

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: 21 1328)