日記

013 裏千家の今日庵

011 表千家の不審庵

今回の京都での目的のひとつはお茶の家元見学でした。

表千家と裏千家はお隣どおしでもあり、御所に近い方が表千家、その裏が裏千家ということになっております。たまたま表千家では毎月22日に見学が出来ると知ったので申込をしてみました。

けど、お茶をしていない私とその友達は、行ってしまってからあまりに場違いのところに来てしまったとちょっくら汗ばんだのでありますが、しかたがないし。

絶対に遅刻だけはしてはいけないと思ったので15分早く着いたのですが、玄関に着いたのはいいけどそれからどうしたもんかがわからない。何の張り紙もしていないからです。ピンポンすると「時間になるまでお待ちください」とのこと。

するとぞくぞくと着物軍団がやってくるではありませんか。

服を着ている私たちはなんか、やってしまったという感じ。

説明をしてくださったのはおじいさんの代から3代に渡って家元に入り内弟子(?)をしているというイケメン男子。

利休の時代から約400年がたち、その間に2回建て替えられたとは言え、ひたすらに伝統と格式を守り続けるその姿にはやはり重みを感じます。

友達のえっちゃんは「なんかかび臭いことなかった?」と言ってましたが、私にはその感覚はやってこず、広大な敷地に建てられた表千家の不審庵やその他の茶室や部屋は、あたり前のことなんでしょうが電灯などはなく、障子から差し込む微妙な光を受けて、お茶をいただく人々に、その心にも届くのでしょうねと感じたしだい。

代々の家元にしか伝えられないという秘伝ってなんなん?って思うんですよね~。

オーラソーマと茶道にはなんか似たとこがあって

茶道だと、露地に入り、石だたみを一歩一歩踏みしめて茶室へと歩んでいくにつれ、この現世を離れていくわけですが、オーラソーマだとポマンダーをすることで、この現世のごたごたから離れて内なる世界へいく。そこで何を感じるか、自分がどう生きるかを考える。

クイントエッセンスを使って、内なるマスターに繋がることは

茶道だと、独座観念ってとこか。

 

 

 

 

日記

先日のお休みの日、京都に行ってきました。

002011013
最初に行ったのは伏見です。

最近は伏見稲荷がとても有名ですが、京都にいる友達が連れていってくれたのは京都にもある港で十石船の船着場です。ここで船に乗り1時間ほど伏見の町を船の中から見学します。風流~。

坂本竜馬が暗殺された寺田屋さんも船からの見学です。

昔は京都から大阪までなど、船での行き来でしたから船は重要な交通機関でした。

伏見は昔は伏水と言われたらしく、水の豊富な場所で

船頭さんの案内によると琵琶湖の水と同じぐらいの水量がこの伏見の地下にあるのですって。

うう~ん、なんとなくミステリアスな伏見

秀吉の建てた伏見城はそれは見事なお城だったそうですが、

現在はその本丸跡に明治天皇陵が静かにしずかに建っています。

昔、明治天皇陵が秘されたパワースポットだと聞いたことがあり、行ってみたことがありましたが、今回伏見城の本丸だったと聞いて納得!

伏見のいろいろな所で名水の湧き出る場所もあり

おすすめスポットです。

お昼は010 ローストビーフ丼、おいしかった~。

日記

ikuta

生田神社の奥に生田の森という、なんというか神秘的な場所があるのを今日まで知りませんでした。

今朝はちょっと用事があって生田警察に行くことに(落し物を届けていたので引き取りに行ったのです)で、早く着いてしまったのでとなりの生田神社に行くことにしたのです。

生田神社というと、神戸の町の中のざわざわした所にある神社という印象しかなかったのですが

ちょっとびっくりでした。朝の8時半から開放されるようで

大きな木があって、エネルギーをもらいましたし、休憩所もあるので

仕事前のひととき

思わず、ゆっくりできて幸せなときを過ごしました。

生田の森、おすすめの場所になりました。神戸に来られた方はぜひどうぞ!

 

日記

殺人の疑いをかけられた人が、警察官の長時間の尋問に耐えられなくてつい自白なんて気持ちがちょっとわかった気がする。

携帯の引き落としの口座変更にちょっと立ち寄ったshop。

家族だと家族割になるのはいいけれども

自分が親になっていないと、1人でなんも変更できないっていうのはどうなのかな?

まずじっと辛抱づよく順番がまわってくるまで待つこと1時間半。

そしてやっと順番がまわってきたけれども

主人が携帯変えると言い出したこともあり・・

電話の使用状況の説明から始まり

パックがいろいろあって、その説明があって

最初に説明してくれた人の説明と

実際に窓口で対応してくれた説明がまず食い違い

データの移行もひとつひとつしないといけないことになっていて

そのうちに3時間が経過

もう、帰りたいな~、身体も冷え切ってしまい

スタッフの人は長袖だけど、こちらは夏用の半そでだし・・

最後は、電話やらインターネットなんかを一緒にするとお安くなりますよ

と、言われたけれどももう時間も体力も切れ

もう一度起こしくださいと言われたけれども

「いやだ~」

「お客様、次回は予約が出来ますよ」

「どうやって?」

「まず、携帯でこちらの画面から入っていただきですね・・・、そしてこのボタンを押しますと、

この画面になります。そしてこのボタンを押していただきますと、この店の予約サイトに繋がりですね・・・・・」

だったら口頭で出来ないのか? 目の前にいるのに、結局家に帰って予約してくださいといわれたけど?

 

 

日記

「牛に引かれて善光寺まいり」とはよく聞きますが

どういうことかと言うと

信濃の国の小諸というところに、1人のおばあさんが住んでいて、このおばあさんはまったく仏様に手を合わすこともない無信心なおばあさんでした。

ある時に川で洗濯をして、洗濯物を木にかけ乾かしていると

一頭の牛が現れて角で洗濯物を引っ掛けて走り出した。

おばあさんはその牛を追いかけ、北へ走って走って、気がつくと善光寺まで来てしまったというお話。

そしてすっかり信心深いおばあさんに生まれ変わったらしいですが、

実はこの牛は観音様の化身であったとかで

断崖絶壁の上にあるこの観音様に会いに

布引観音堂へ行ってきました。

nagano 012

西国33ヶ所の観音様をめぐった後なのでなんとなく感慨深いものがありました。

それにしても、長野は遠かった~。

今日は七夕ですね~。