イベント

dann faire さんによる1回目のレッスンが終了しました~。 生のお花はほんとに癒されます。 
私たちは植物といっしょにこの地球で生きています。
お互いに助け合いながらです。花からの色、香り、微細で強力なエネルギーを

受け取ることができると私たちは元気になれます。

ですから、もっと、もっと植物たちの声に耳を傾けたいですね。 そうすることで
もっと「直感」というものを得ることが出来ると思います。 どうぞ気軽にお越しください~。

次回は10月の5日(金)13:00からです。お花代やらお茶代もついて4000円です~。

 

未分類

竹のことをいろいろ書きましたが、竹の色はオリーブグリーンです。私はオリーブグリーンが大好きです。
オリーブグリーンは日本的な色であると言えるかもしれません。
竹や抹茶の色、こけの色、真新しい畳の色のオリーブグリーンはなんとなく「わび」や「さび」などの世界に
つながる気がします。

そこにある敬いの心や和の心を大切にする、そういう日本の心と共通するものがあると思うからです。

オーラソーマのオリーブグリーンは広い視野でもって物事を見るとか、フェミニンリーダーシップという言葉で
よく表されますが、「余白を残した粋な色」なのかもしれません。

自然もグリーン・グリーンよりも、すこし黄色が入ったオリーブグリーンが落ち着きますね。

 

Cayaの店

Cayaのお店を改装するにあたって、屋根のかわらを日本風(前はお寿司屋さんでしたから)から

ちょいとしゃれたフランス田舎風ににするにあたり、前のかわらをはずしていたら、

なんと3枚の看板が出てきました。
一枚は、前のお寿司屋さんの看板、そして、その前の骨董品屋さんの看板、そしてなんとなんと

その前の高級菓子店の看板まで出てきました。 歴史を感じます~。
すべての看板をはずし、新たに屋根を葺きました。どうか新しい風も吹きますように~。

未分類

来て下さったお客様の反応はすごいです。

0.5秒ほどで人間の脳って判断するんですね。10人の方が10人とも、「あれっ靴のままでいいんですか?」とか言われます。それってすごいと思いません? 何にも言ってないし、説明も何もしてません。 が、一瞬の内に、ここは素足でいるのがいいんだ~とわかってしまうっていうか、人間のすごさを痛感してしまいます。 病院で実験したそうです。 同じ竹材のフロアーで、見た目も同じ。でも一方は普通の竹、一方はサイモス60(cayaの床材)の入ったアルファー波の出る床材。みなさんアルファー波の出る方にちゃんとすわっているとか。

誰に聞いても、なぜそこにすわっているのかわからないそうです。ただそこにすわりたくなる。ということだそうです。人間の神秘ですよね。

未分類

我家のフローリングを竹にしてから、確かに、確かに母は変わった。あんまし自分の病気のことを愚痴らなくなりました。
ただこまったことがひとつ。 竹のフローリングはリビングだけなので、母はしょっちゅうリビングでくつろぐようになったのです。

まあ、そんなわけで、店を作ろうと思って、一番に、なにはなくともしようと思ったことは「竹のフローリングにしよう」ということでした。
とにかくくつろいでもらえる空間にしよう、と思ったからです。それをコンセプトにしました。

だからCayaの2Fのフローリングとオーラソーマのサロンは竹を使っています。竹と人間は不思議な共通点があります。染色体の数が一緒だってこと。だからなに?ってつっこまれそうですが、たぶん竹といっしょにいると人間はリラックスすることが出来る = 健康によい と言えます。アルファー波が出て、精神的にも肉体的にもよい、ということです。