» 日記のブログ記事

茶道に関する翻訳に取り組んで6年以上が過ぎ
やっと完成した1冊の本
日本語と英語で読むにほんの心です。
興味がある方がいらしゃいましたらぜひ読んでほしいです。

茶道の中にぎゅっと凝縮されている日本文化
利休などの茶聖と呼ばれた人々が
どんな精神でお茶と向き合ったのか

今、禅などの精神世界が着目されていますが
禅とお茶の結びつきなど

たくさんのことが書いてあります。

私は利休が作った国宝の茶室やら、名古屋にある織田有楽の茶室や
それこそ、滋賀や松江や奈良、伊勢神宮にも行って
いろいろ感じて来ましたが
やっぱり日本の文化最高と思いました。

まず私達が知って、伝えていきたいですね。


昨日は節分で
帰りが遅くなって
お寿司巻くのも
めんどくさかったので
スーパーに行ったら
いつもの巻き寿司がなくって
すべて節分の特別仕様~
高い~
1本千円もした!
高い~
なんで~

24番のボトルもあと少しになってきました。
ニューメッセージ
何か良いメッセージが来るといいな。


潜在意識を活性化するためには
まず、自分の潜在意識にコンタクトを取ることが不可欠です。
このバイオレットとターコイズのボトルで言うと
下層の色であるターコイズとコンタクトを取るということになります。

ターコイズという色は自分の思っていることを表現していく色なので
私はもっと自分が感じていることを言葉にしていったらいいということになります。
そして私達の脳はすっごくかしこいけれども
現実のことと
現実ではないこと
の区別がつかないそうなのです。
だから
「私には価値がある」と毎日毎日自分に言ってあげると
そのような現実を引き寄せられるというのです。
じゃあどのような現実がやってくるのか。
まずは実験してみましょう。

今日からぶつぶつと言ってみます。
「私には価値がある」

淡路島から船でたったの10分。けれどそこはまったくの別世界。

朝から雨でしたが、上立神岩がある海岸に着くと雨がやみ

太陽が出て、私達を歓迎してくれたように勝手に解釈して感動~。

沼島の地質もまったく淡路島とはちがうのです。

干物やひじきやわかめなどの味も沼島の人に言わせると「他の地域のは食べれない」とガイドさんはおっしゃいます。おのころ島と呼ばれる沼島は、おのずからころころ回る島と私は思っています。

まずこの島が勾玉の形をしているということ。

そして 鞘型褶曲とよばれる丸い年輪のような岩があること。

これは世界的に見てもとてもめずらしくフランスとこの沼島だけといわれているそうな。

日本の歴史もここから始まりました。何かが始まる。そんな気持ちになる場所です。

 

さて、旅行から帰ってきて、静かに自分と向き合ってみます。

何が変わったかというと、自分自身の深~い部分が癒された気がするのです。

 それはどんな部分かははっきりとは言えないけれども

確かに、何かが変わり、不安が取り除かれているようです。それはエデンの園に帰るように自分の心のスペースを信頼するということかもしれません。高次の意志により調和していけるといいのですが。私の心の中に新しいひとつの目標が産まれました。大天使ヨフィエルに導いてもらいます。

 

最近のコメント

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728