日記

8日間の東京滞在中、私はいろんな聖なる場所を訪れました。

いつもならホテルとセミナー会場の往復のみ。

でも今回はけっして体調がよかったわけではないけれども

せっかく東京にいるのだからと

朝早く起きて、携帯のナビをたよりに

明治神宮、長谷寺、成田山深川不動堂、日枝神社、神田明神、神明宮、そして聖カテドラル教会の関口教会などへ。

どの場所もすばらしかったのですが、特に印象深いのはルルドの泉のエネルギーの関口教会です。

私がここの地下にある礼拝堂を訪れたのはちょうど朝のミサが終わった直後だったようです。礼拝堂へのドアが開かれていたので、私が導かれるように階段を降りていくと、もう礼拝堂のドアに鍵をかけるところですと言われました。

「でもせっかくいらしたのだから少しお祈りをして行かれたら?」

と声をかけてくださったのは、よくはわかりませんが牧師さまの奥様?

私は礼拝堂でたったひとり(本当は後ろのほうの席で奥様がただ待ってくれていました)マリア様の前にすわり、ただただその暖かいエネルギーを感じていました。

するとなぜか涙があふれてきました。

泣くつもりなんてなかったのに・・・

 

 

 

 

日記

このボトルのメッセージはショックをうけた時の内側からの深いヒーリングです。

小学校の同級生の○○君はそれからなんどか私に電話してきました。

もちろんお客様が来られている時は

「今忙しいから」 とお断りし

そうでない時はまあ、同級生ですからね、とりとめのない話をしました。

私の身体の調子が悪い時はずいぶんなぐさめてくれたりもしました。

ある時、○○君が実際にお店にやってきました。で話をしていると

どうも話がかみ合わないのです。

「あの、この間電話で話したでしょ」というと

「えっ、僕電話なんかしたこと一度もしたことないよ」と言うのです。

もうパニックです。

○○君が2重人格かとか思ったり

私がぼけたのかとか思ったり

私が電話で話していたのはいったい誰だったのか。

「あんた誰よ」と

今度かかってきたら聞いてやろうと思っていたのですが

もうかかってこない・・・・。

私はもうちょっとでだまされるところだったのかな~。

「ぼくわかる~?」

と切り出されたら要注意です。

このボトルは今日使い終わります。

 

 

 

 

 

日記

オレンジ色はショックを癒す色であり

下層のヴィオレットは一言で表現すると癒し

このボトルをもうすこしで使い終わるという時にショックなことが・・・

それは私がもうすこしでおれおれ詐欺にひっかかりそうになったことです。

ある時に知らない男性から電話がかかって来ました。

「もしもし、僕わかる?」

「誰?」

「小学校の時の同級生」

「えっ?」

「背が高い人」

私の頭の中のコンピューターがいろんな人の中から1人の男性を検索しました。

「○○君?」

「そう、あたり~」

ということで、私はその人を○○君と思い込み話をしたのです。

つづく

 

日記

申し訳ございませんが、明日1月21日より2月6日までお休みをいただきます。

今朝ひさしぶりにカードに引いたらSilenceというカードでした。

今、沈黙に入る時と

時々、そんな時間が自分にプレゼントされるのかもしれません。

私自身に帰り、独りの時間を楽しむ

自分に帰るということはまさにオーラソーマ

さて、この貴重な時間に私はどのボトルとワークするのでしょうか。

やっぱりこの子にしましょう。

私のDNAを解明するボトルです。

 

日記

あけましておめでとうございます。

今年はペールピンク/ペールブルーのボトルパラスアテナ&アイオロスから始まりました。今年は自分のケアを第一にしようと思います。

だから子ども時代のヒーリングにも関係するこのボトルなのでしょうか?

自分の男性性と女性性の統合でしょうか。

それとも喉につまった何かをピンクの愛でヒーリングするのでしょうか。

それにしてもやはり健康が一番ということを身にしみて感じた年末から年始でした。そして私はピンチの時はお金を使うくせがあります。

いや、ピンチだから思い切って使えるのかな。

いろいろ試してみることをいとわなくなるのです。

まず自分のヒーリングのためにサロンに行ったり、

昨日は買物に行って、まず暖かい下着を買いました。

そしてボアボアのついたお店で履くあたたかい靴を買いました。

やっぱり冷えたらあかんもんね。仙骨には蒸気の温熱シートを貼り

そしていい水を飲まないと、と思って(普段はお茶とか紅茶やココアなんかが多いのですが) 「レムリアの水」を購入。水の神秘を体験してみます。

さてさて。