» 日記のブログ記事

申し訳ございませんが、明日1月21日より2月6日までお休みをいただきます。

今朝ひさしぶりにカードに引いたらSilenceというカードでした。

今、沈黙に入る時と

時々、そんな時間が自分にプレゼントされるのかもしれません。

私自身に帰り、独りの時間を楽しむ

自分に帰るということはまさにオーラソーマ

さて、この貴重な時間に私はどのボトルとワークするのでしょうか。

やっぱりこの子にしましょう。

私のDNAを解明するボトルです。

 

あけましておめでとうございます。

今年はペールピンク/ペールブルーのボトルパラスアテナ&アイオロスから始まりました。今年は自分のケアを第一にしようと思います。

だから子ども時代のヒーリングにも関係するこのボトルなのでしょうか?

自分の男性性と女性性の統合でしょうか。

それとも喉につまった何かをピンクの愛でヒーリングするのでしょうか。

それにしてもやはり健康が一番ということを身にしみて感じた年末から年始でした。そして私はピンチの時はお金を使うくせがあります。

いや、ピンチだから思い切って使えるのかな。

いろいろ試してみることをいとわなくなるのです。

まず自分のヒーリングのためにサロンに行ったり、

昨日は買物に行って、まず暖かい下着を買いました。

そしてボアボアのついたお店で履くあたたかい靴を買いました。

やっぱり冷えたらあかんもんね。仙骨には蒸気の温熱シートを貼り

そしていい水を飲まないと、と思って(普段はお茶とか紅茶やココアなんかが多いのですが) 「レムリアの水」を購入。水の神秘を体験してみます。

さてさて。

 

 

 

12月4日に病院に行きました。

「どうしたんですか?」 と先生

「私、実は糖尿病じゃないかと思うんです」

「えっ、あんたが?なんで」 と先生

「体重が減ってきたんです」

ということで検査してもらったら、やっぱり糖尿病。そして食事や運動といった生活習慣病とはまったく関係ない糖尿病の1型。

どうしてそうなったのかはまったくわからない。

そして紹介状を書いてもらって大きな市民病院に行ったら

「この病気はもう治りません」

といきなりインスリン

そんなこんなで今年が過ぎていきます。

私もセラピストのはしくれ。

治らないなんてそんなはずはない、と声にはださないけど、私の表情が物語っていたのだろう。

「とにかく、受け入れてもらわなければ」 と病院の先生

来年はこれまで以上に自分の身体と向き合うことになりそうです。

来年は1月5日から営業いたします~。今年もありがとうございました。

 

 

 常寂光院

ずっと昔ですが、京都の端っこ(橋本)に住んでいたこともあり、京都はいろいろ行ったと思っていましたが、まだまだ知らない京都もたくさんあることに改めて気づきました。紅葉の季節には少し早かったのですが十分堪能して帰ってきました。

今回は嵐山で遊んでからトロッコ電車に初めて乗り亀岡まで。

そこで宿の人に迎えに来ていただき25分乗ると湯の花温泉に到着。

自分の為の空間と時間が用意されていて、本当にすばらしい宿でした。

すみや亀峰庵というところでしたが、お料理も含めすべてがすばらしかった。

それにしても、京都のなんと町全体が統一されていてすばらしいこと。

けど・・・日本語があまり聞こえてこない~。

周りは外国の方ばかりのように思えましたわ。

 

日本にキリストのお墓があるなんて信じられますか?

ほんとに、にわかには信じられませんよね。

キリストは21才の時に日本にやってきて、10年ほどの間に原始宗教を学び、帰って行った。そして33才の時に処刑されそうになったけれども、実際は弟のイスキリという人が身代わりになって処刑されたのだそうです。キリストはまた日本にもどってきて106才まで生き天寿をまっとうしたというのです。

八戸に集まったのはそれぞれ馬、栃木、仙台、東京、神戸などから八人でした。

そして私達はキリストのクイントエッセンスを使ってこの場所で瞑想しました。

神戸から八戸へ。遠い道のりでしたが、この場所に来たことに何か深い意味があったような気がします。過去の手放し?

 

 

最近のコメント

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: _ _)