» イベントのブログ記事

重ね煮のお料理教室をしました。(2月22日)

第1回目は重ね煮の理論と基本のしいたまにんじんを作ります。講師は青木なおこ先生。

まんず、しいたけとたまねぎとにんじんを鍋に重ねて、蛍火でことこと煮ます。

調味料は塩と感謝の気持ち。

私達は調理するときに、たまねぎやニンジンのパワーを最大限に活かすように調理してきたのだろうか。お野菜の力を過小評価してきたのではないだろうか。そんな思いがよぎる。

おいしいことは最大のエネルギー。

重ね煮を食べると、なぜかなごむ。なぜか気持ちがなごむ。身体も温まる。

ただ不思議。

3月の4日(土)にも開催することになりました。まだ少々お席があります。早い目にお申込ください。

10時~14時、5,000円です。

一生ものの情報です。

 

 

 

 

baby massage 001

オーラソーマのサロンがなんかおっぱいの匂いでいっぱいになり

もうかわいい~。2月のベビーマッサージは17日です。

赤ちゃんのベビーマッサージ教室ですけど

育児が始めての不安いっぱいの新米ママのための教室かも。

たまには、家を出て

気分転換もいいですね~。

お歌を歌いながら、マッサージをするのですが

もっともっと~って、そんなベビーの笑い声が聞こえて来ました。

赤ちゃんも気持ちよくって楽しいんですね~。

どうぞお越しくださいね。

13時~14時。1,500円です。

講師はおちゃめな早苗先生です。

 

ベビーマッサージを私がベビーを生んだ時に知っていたらな~と思います。

私が子供を生んだのは、そりゃあずいぶん前になるんですが、その頃はベビーマッサージなんてなかったんですよね。子供が思春期を迎えるころには、ずいぶん反抗期なるものに、親も悩み、もちろん子供も・・。

そしてオーラソーマのセッションをたくさんの方に提供するようになって、多くの人が小さい頃、お母さんやお父さんに十分愛されなかったという思いをいだいているということに驚かされます。

だからベビーの時のマッサージがとってもいいのだと、多くの人に伝えたいです。

で、とっても急なのですが

ベビーマッサージの教室を開催することになりました。

このブログを見たベビーをお持ちのお母さん達へ。

どうぞお越しください。とってもすてきな先生がお母さんとベビーに癒しの時間を提供してくださいます。

1月20日 13:00 ~ 14:00

参加費: 1,500円

持物:バスタオル・飲物
講師:辻早苗
・赤ちゃんの大好きな「ラ」の音で、覚えやすいメロディーに合わせてマッサージ
・ふれあい遊び ・わらべうた ・絵本 ・おもちゃ
その他、赤ちゃんとママがほっとできるお楽しみをご用意します♪

・皮膚は「第二の脳」丁寧に愛情をもって触れることで、赤ちゃんの自己肯定感を育みます♥
・ママもオキシトシン(別名︓愛情ホルモン)が分泌され、⺟⼦の絆が深まり、精神が安定します
・免疫効果UP! 内臓機能UP! 便秘の改善! などなど、赤ちゃんにとってメリットがいっぱい

アニマルコミュニケーション講座が Ceceau de Caya にて行われますのでお知らせです。

なんだかお知らせが直前になってしまってごめんなさいなのですが、ピンと来られた方はぜひお越しください。

2017年1月11日(水)& 25日(水)
時間: 10時半 ~17時半
参加費:40,000円
講師:松橋静恵

アニマルコミュニケーションは特別な人だけのものではなく、動物さんと話が出来るようになりたいという思いを持っている人ならば、練習すれば誰でも出来るようになるそうですよ。なぜなら、その能力は誰にでも備わっている能力だからです。

◆ 二日間で下記の内容を学びます

○ アニマルコミュニケーション
・ 仕組み
・ 実際の繋がり方
・ 動物さんとの会話の仕方・マナー
・ つまづきやすいポイント

○ 自分自身を知る
○ 思い込みに気づき外す
○ 心身のクリアリング
○ チャクラの活性化

    

 

 

 

 

曼荼羅の作品展が無事終了いたしました。

たくさんの方に来ていただき改めてお礼申し上げます。

%e4%b8%87%e8%8f%af%e9%8f%a14img_20161209_170227

作品を作り上げ、それを作品展にまで持っていくのには多くのエネルギーがいったことと思います。

前日徹夜してまで大きな大作を仕上げたJunさん。それは見事なものでした。

見ていると、何か惹き込まれる感覚と共に、大きなエネルギーに包まれていくようでした。

30年ぶりで出会う人や、見知らぬ土地でまた作品展のお話があったりと

まるで自分が発したエネルギーが、もどってきてより発散していくような・・

行動していくことのすばらしさを感じました。

これからのお二人のさらなる活躍を祈っています。

JunさんとMikaさんお疲れさまでした~。

 

 

 

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: 11 1582)