夏至の日はまるで奇跡のようでした。私達はなんともこのあたたかみのある磐坐のまわりで瞑想し、自然と一体になれたのです。

もし雨が降ればじっと瞑想どころではありません。

晴れればあつくて瞑想どころではありません。

ちょうどいいぐあいの曇りとなり、暑くもなく寒くもないそんな中で瞑想することができました。

アメノホヒ(アマテラスの次男と言われる)の磐坐のまわりの木々もこの磐坐を守るように存在し、鳥のなき声がとてもここちよく、虫たちもただそばにありました。

磐坐からのメッセージは

「光れ」と。

私達はもっと光っていいのです。

 

 

 

 

関連記事:

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

最近のコメント

2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: _ _)