» 2016 » 6月のブログ記事

001

このボトルも半分使いました~。

今日、何をするかということではなく、どのようにするのか というのがマゼンタのメッセージであるということが、自分の中にす~と入ってきました。

せっかく何かをするのであれば、楽しんでやらないと損ですよね。

別の次元のドアが開くのは

楽しんで何かをすることとやっぱり関係しますね~。

そして継続は力なり。

 

energy rescue 001

When you really feel tired, I strongly recommend to use this bottle No89.

エネルギーが本当に亡くなったと感じる時があります。

それは私にも時々やってきます。

大きなイベントをやった後とか、コースの後などです。

最中は元気なのですが、あとで疲れがやってきます。

で、なかなか抜けていかないのです。

お友達の中には、よくそんなにがんばっていられるな~と思っていたら、やはりあとでどっと疲れがくる人がいます。

やはりそんな時はエナジーレスキューがお勧めです。上層にあるレッドと下層のディープマゼンタのレスキューはとても強烈なエネルギーを持っています。疲れた~と感じる時はぜひ使ってみてください。

大きな意識的なめざめがやってくるかもしれません。

 

 

 

 

001

2本目は「放浪者」です。

自分の方向性を見うしなわなければ

自分のハートに正直であれば

自分にスペースがあれば

自分がくつろいでさえいれば

天からやってくる愛を受け取ることができる。

私たちが受容的になると色は押し寄せてくるのですね。

たくさんの人が私たちの身体の感覚をにぶらせるということをしています。

すこし距離を置いてみてみると

魂が何を欲しているのかを知る助けになります。

山王山 004 山王山 003 山王山 002 山王山 001

夏至の日のイベントの最後は古代の聖地へ

けど、この聖地へたどり着くためには、雨で塗れた葉っぱのつもる細い道を行かなければいけませんでした。もう、緊張してアクセル踏む足もつってくるし、ドキドキ、はらはら。

やっと到着できた時のほっとしたこと。

神社の本殿に入れてもらって(実は勝手に入ったんですけどね)

みんなで音のハーモニーを楽しみました。

クリスタルボウルの音色、シンキングボウルの音色、鈴、クリスタルチューナー、そして太鼓や生声。最後にすべてのエネルギーをかき回して、水に転写させおみやげにしました。

いつもは誰も訪れることのない古代の聖地

昔の人はどんな儀式をここでしていたのでしょうか。

山の頂上にある本殿は西を向いています。

今は木が茂ってしまって、光がもうひとつ届かない気がするのですが

海へ沈む夕日といっしょに何か神聖が儀式が行われていた気がしてなりません。

ある時、私の脳裏に浮かんだ映像は男達がひとつひとつの岩座に座っている映像です。

今回は女性ばかりでこの聖地を訪れましたが

ここが活性化したら(古代の聖地が活性化したら)

そんな日がよみがえるかもしれませんね。

あっ。

磐座に座っていたのは森の精霊たちかもしれませんわ。

 

 

 

 

 

 

大黒様のお寺 八浄寺へ。古事記では大黒様は大きな袋をしょって登場されます。

けど

今回の目的は平成11年11月11日午前11時11分に落慶した「瑜祗七福宝塔」の中で瞑想すること。

晴れた日には太陽の光が心柱を通り、光の柱となって地下にある大きな水晶に届きます。紫外線や赤外線をのぞき、純粋な光だけがこの塔の中に届くように設計されています。

天と地のエネルギーがここで融合します。

そしてその光を手ですくい自分の体内に取り入れることが出来るのです。

当日の朝はどしゃぶり

晴れなければ、光の柱が見えないのだけれども

きっと見れるはずと思っていると

雲はさ~とひいて太陽の光が・・

神様はやっぱり願いを聞いてくださいました。

その光の柱を見たときは感動~。

こんな神秘的な体験と、瞑想も体験。

塔のまわりをかこむ仏画や、金色に輝くお釈迦様の足尊形やら大日如来像すべてがすばらしい~。

残念なことに写真を撮ることをすっかり忘れてしまっていてここの

写真がありません~。

 

 

 

八浄寺

2016年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: 11 1582)