» 2015 » 1月のブログ記事

001

これはクラウン(ピエロ)という名前がついていますが、別名RNA/DNAのボトルと言われています。

RNAとDNAは二つの螺旋構造を持つ生命をつくる基礎物質。

このふたつが連結することで私たちひとりひとりをユニークにするすべての遺伝子の要素をつくるのだとか。

このボトルを今日から使ってみます。

自分のDNAにフォーカスすることで

何かが紐解かれるかもしれないと思うとちょっとどきどきします。

実は前からず~と使ってみたかったのです。

12月に一度25mlの小さいボトルを使いましたが

今日からもういちど50mlのボトルを使います。

本格的に自分のDNAとは?を感じてみます。

 

034 035 036 037

今日はまゆさんがやってきました。マリメッコのバッグを持ってです。

この間あまりにかわいいバッグを持っていたので、どうしたの?と聞くと

「自分で作ったんよ」

というので、さっそくリクエストしてしまいました。

かわいい~。

しばらくかやで展示即売します。

 

 

 

イギリス 062

レイキは臼井 甕男氏(うすい みかお、1865~1926)によって鞍馬山で感得された宇宙エネルギーです。

彼は禅をきわめたが、なかなか悟りにはいたらず、死を覚悟して、鞍馬山に登り、断食修行に入ったとあります。

そしてレイキの力を得て、下山するのですが、その途中でこけて足を怪我してしまった。

自分の手を当てるとすぐに出血は止まり、怪我が治ってしまった。そしてそのあと食堂に入り、食事をするのですがその食堂の主人の娘が歯がいたくてこまっていた。またまた手を当てると歯痛は治ってしまった、と資料にはあります。

 

多くの病人を助けた臼井先生が亡くなったあと、日本では、レイキは途絶えたと思われていました。

でもそのレイキに光が当たり始めたのは、レイキが海外に伝えられ、日本に逆輸入のような形でもどってきてからです。

でもまだまだレイキのすばらしさは伝わっていないと思います。

もっと多くの方にレイキのよさを伝えたいと思い、これから月に一度どなたでも気軽にレイキを体験していただこうと決めました。 今月は1月29日(木)の午後2時~5時(受付)です。60分3000円でご予約なしでも体験していただけます。

どうぞお越しくださいませ。薬も何もつかわない、ただ手を当てるだけですが、心身ともにとてもリラックスしていただけます。

(但し医療の代わりになるものではありません)

 

 

 

 

 

 

「カンデカンデ」のレストランのある場所はいわゆる東経135度のライン上にあり

神出神社のすぐ下にある。

前にも書いたけどこの神出神社はすごいパワースポットで

この神出神社のご神気の届く場所に建つ「カンデカンデ」

風水上はいうことなし

でもって大金持ちだった呉錦堂さんの屋敷があったところなので

「見えない道」がしっかり出来上がっている。

日本の長者番付(たしか2位ぐらいになっていたような)にも載った呉錦堂さんの

屋敷はすんごく興味ある~。 広い敷地のどこに実際に建っていたかというと

野菜売り場の場所だそうだ。

きっといろんな人でいっぱいだっただろうな~。

だから

人は何かに吸い寄せられるように「カンデカンデ」に行くのかもしれない。

「見えない道」ってあるよね。

 

 

三木に「カンデカンデ」というレストランがあって

いつ行っても人でいっぱい。

ここも周りはな~んもない田舎の真ん中で

なんで、こんなところに人がいっぱいやってくるんやろうと思う場所。

確かに地場の野菜中心のバイキングはおいしいし、けど

それにしても何かある!と私はにらんでいる。

実は明治の頃

ここには大きな屋敷が建っていた。

中国人でのちに日本に帰化した呉錦堂さんという人の屋敷で

彼はまずしい農家の長男に生まれ

あまりに貧しくて飢え死にしそうになって上海に行き、商売のセンスをみがき

日本にやってきて貿易の仕事で大成功し

垂水にある八角堂(孫文記念館)を建てた人物。

調べれば調べるほどすごい人で

荒野であった三木の土地を開墾し、水をひき、多くの人をやとい救って

祖国には学校も建てたし、多額の寄付もしている。

つづく

 

 

 

2015年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: 12 2244)