» 2014 » 12月のブログ記事

2014年がもうすぐ過ぎようとしています。

なんだか激動の2014年と言えるでしょうか。いろいろなことがありました。

母の死、私の入院さわぎや息子の結婚や娘の自立、ジェイの死(愛犬のシーズー)、コースの開催やイギリスでの自己発見? などなど。

たくさんの方との出会いもありました。すべてに感謝です。

本当にありがとうございました。お世話になりました~。

2015年はなんだか今年以上に充実したいい年になりそうな予感です。

どうぞ来年もCerceau de Cayaをよろしくお願いいたします~。

1月は7日から神戸市三木市にてオーラソーマレベル1のコースを開催いたします。興味のある方はお問い合わせください~。ということでお店は閉まっていることもありますので、来られる時は事前に連絡していただけると助かります~。 よいお年を!

 

 

003004

私は今日はめずらしく自分のためにお花を買ってみました。

マゼンタ色のばらです。

なんだか46番のボトル(放浪者)にとても似ていたので思わず一緒に写真を撮りました。

自分の行く方向を決めつけずにただ信頼するならば

私の行く場所はどこでも自由で豊かさにあふれる。

瞬間、瞬間楽しみ進んでいく。

そうそう、そうありたい。

そろそろ今年も終わり。

来年は自分の限界を超えていきたい。けど、あえて可能性を手放すのもいい。

自分が思っているより、もっと何かが待っているかもしれないから。

なぜお花を買ったか。それはやっぱり今日が私にとっては特別な日だからです。

 

 

 

クリスマスと言えばもみの木。

我家にもそういえばもみの木っぽい木が一本あったけ。けどこのところの休みの少なさにかまけてち~ともかまってあげてなかったし。

ひさしぶりに植木屋さんに来てもらいました。

「僕が木を切ったら、鳥がくるんですよ」

「僕が木を切ったら木がキラッと輝くんですよ」

「・・・・」

なんかいつもの植木屋さんとち・が・う。

「とにかく全然ちがいますから、見て下さい」と言う。

彼は木と話すんだな。

確かに彼が立ち去ったあとに、空気が通ったようにさわやかな庭があったし

私はひとつ気がついたことがあったんだよね。

 

それは母が生きていたころのこと。母はふらふらしていたので庭を歩くときはいつも松の枝につかまってそれをささえにしていた。

しばらくするとその枝は(一番枝ぶりのよいものだったんだけれども)枯れてしまった。

その枝だけ枯れてしまった。

私はなんだか母がその枝を枯らしたと思っていた。(エネルギー吸いとったんちゃうかって)

 

「あ~、ちがうな~」と私は始めて気がついた。

松の枝はみずから自分を犠牲にしてまで、母に元気をくれていたんだ~。

植木屋さんにきれいにカットしてもらってよみがえった松は私にそれを伝えてくれたような。

万作やさん(植木屋さん)ありがとう~

 

 

 

 

 

2014年の12月22日(月)は新月と冬至がまさに重なる19年に一度の日です。

今日はレイキの勉強会の日。

私たちは個々に2015年に向かい新たな目標を定めました。

そしてグループの目標として「レイキをもっと多くの方に知ってもらおう!」を掲げることにしました。

こんなに簡単で誰にでも出来て、どのようなヒーリングとも調和し

安全でかつ効果的なものがなぜもっと普及しないのだろうか。

こんなに医療が進歩しても、多くの人が病に苦しんでいる現実。

私たちが出来ることが何かあるのでないのだろうか。

ということで

まず、レイキの存在を知ってもらい、体験してもらう場をもうけたいということで、月に一度良心的なお値段でレイキを体験していただこうと決めました。

2015年の1月より毎月第4木曜日(1月は1月29日)の午後2時~5時まで レイキの体験をしていただけます。 約60分 3000円です。

出来ますことならばご予約をお願いいたします。予約なしでももちろん体験していただけます。

施術させていただくのはこれまで2年近く、または2年以上勉強会で研鑽をつんできましたレイキヒーラーばかりです。

どうぞ安心して体験にお越し下さい。

私たちの思いは一家に1人のレイキヒーラーです。

ところでレイキって何? という方へ

レイキとは宇宙にある生命エネルギーを手当という手法で身体に流していくヒーリングです。

生命エネルギーは身体の細胞レベルに働きかけ、肉体的にも精神的にも癒されます。

(ただし医療の代わりになるものではありません)

西洋では代替療法のひとつとして幅広く取り入れられています。

私たちが癒されるというのは本当はすごくシンプルなものによってではないでしょうか?

気づき、愛など目に見えないものこそとても大きな癒しの力を持っています。

そして自分自身に目を向けること、自分に帰ること、これはCaya の大きなテーマでもあります。

レイキのテーマの中にも自己成長というものがあります。

人と人との信頼の中でレイキを伝えていくこと、レイキで変わること、まずは体験していただかないと何も始まりません。

どうぞ「感じる」ためにお越しください。お待ちしています。1月29日(木曜日)です。

 

 

 

001

ターコイズという色

深く自分というものに入っていく色

自分の内が開かれていれば、いろいろな世界へのドアも開かれます。

人の話を聞き、理解し、また自分自身を表現していくことが出来ます。

自分の創造性を自由に表現できたら、これほど楽しいことはないかもしれません。

自分の創造性について自信がもてなければ

私たちは自分を見ているのではなく

人を見ているのかもしれません。

ターコイズを選ぶ人はレムリアの文明と関わりがあると言われます。

レムリアの人は色と音でワークしていた人々です。

色で癒し、音で癒していた人です。

そんな色に惹かれる人はレムリアの時代に色と音でワークしていたかもしれませんね。

 

 

 

2014年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: 21 1328)