» 2013 » 10月 » 21のブログ記事

 

月の女神と言われるアルテミス

彼女にも愛した男性がいた。

ポセイドンの息子オリオン。

オリオンは、陸でも海でも歩くことができ、そして、大変な力持ち。

ギリシア一の猟師という存在だった。

狩猟の神でもあるアルテミスとギリシア一の狩人であるオリオンは、次第に仲良くなり、神々の間でも二人は、いつしか結婚するだろうと噂されるようになっていった。

ところがアルテミスの双子の兄であるアポロンは、二人の関係をよく思わず、ことあるごとにアルテミスを罵った。だが、アルテミスの心は変わらなかった。

ある日、アポロンはサソリに追われて海に逃れ、頭だけを水中に出したオリオンを見つける。

そして、アルテミスに 「アルテミスよ、君は弓の達人だろ。でも
遠くに光る丸太を射ち当てることは出来まい。もし命中したなら、その腕前は
本当に素晴らしい」 とオリオンは言ったのである。

あまりにも遠いため、オリオンとわからなったアルテミスは「私は確実に
狙いを定める弓矢の名人。まぁ見ていて」と、兄の言葉に弓を構え、狙いを定めて矢を射った。

数日後、矢の刺さったオリオンが浜辺にうちあげられる。そこで初めて、アルテミスは自分の射った丸太がオリオンだと知った。

愛する人を殺めてしまったアルテミスはひどく悲しみ、月の女神でもある彼女が、夜を照らすことすら忘れさせてしまうほどだった。

アルテミスはそこで自分の強さや愛を忘れたのだろうか?

何か、ふか~いところで自分を受け入れることが出来れば

私たちは周りの人の愛をもっと、もっと感じて

実りのある人生への第一歩を歩めるのではないのかな?

最近のコメント

2013年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: _ _)