» 2013 » 6月のブログ記事

ハートに触れるってどんなことでしょうか?

080824-00.gif

オーラソーマのボトルを選んで、心臓のところに持っていき

ただ、じっとして何かがやってくるのを待ちます。

もし、な~んにもやってこなかったら

そっと自分のハートをオープンにしてみます。

だってハートが閉じていたら、な~んにも受け取ることが出来ないからです。

自分の部屋のドアをそっと開けて、お客さまがやってくるのを待つ感じ

いろんなお客様がやってきます。

その中で、あ~わたしはこの人を待っていたの

そう思える瞬間があります。

それは言葉ではありません。

ただやってきてくれてうれしい

そんな感じ

その人は本当はずっとドアの前で待っていたにちがいありません。

私たちがドアさえ開けばよかったのです。

 

イザナギ命とイザナミ命が「こおろ、こおろ」と天のぬぼこをかきまぜて

最初に出来たと言われる神話の場所、沼島に行ってきました~。

今回の旅(日帰りだけどね)はお友達の静さんが「淡路島に行ってみたい!」と言うので

じゃあ私も案内するならば、行ったことのない所に行こうと決め、けっこうマニアックな

場所をめぐる旅になりました。 この写真にUFOらしきものが写っているように見えると

静さんは言います。

沼島は上から見ると勾玉の形をしています。 淡路島の壬生港から約10分で到着。

イザナギ命とイザナミ命は最初に出来た島に柱をたてて、その周りをまわって多くの子どもを生んでいきます。

 その柱が2人の後ろに見える「上立神岩」で思ったよりずっと大きいんです~。

写真ではその大きさと神秘性が伝えられないのが残念。

この沼島は淡路島と地質ががらりと違って、岩というか石がなんだか、そこらへんにころがっているものが

あ~、値打ちあるんやろうな~というものばかり。海岸に行くと大きな木株が

ころがっているように見えるのですが、それが岩、岩。 有名な石庭もあり、なぜか感動~。

沼島ははも料理でも有名です。はものてんぷらがおいしかった~。

誰も知らない淡路島の古宮をめぐり、最後にイザナギ神宮で

おみやげ物屋さんのおねえさんにボランティアガイドを頼み

その説明のすばらしさにも感動して帰ってきました~。

楽しかった~。

 


イクイリブリアム B007【キリストの苦悩】-Agony in the Garden- ジョバンニ・ベリーニ Giovanni Bellin B7 ゲッセマネの園

十二人の弟子たちと最後の晩餐を終えたイエスは、弟子を連れて、オリーブ山にあるゲッセマネの園に向います。

イエスは弟子たちに「誘惑に陥らないように祈りなさい」と言うと、少し離れた所にひざまずいて、天の父に祈りました。
「父よ、できるなら、この杯(苦難と死を意味する)を私から取りのけて下さい。しかし、私の望みからではなく、あなたの御心のままに」

すると天使が天から現れて、イエスを力づけました。
イエスがますます熱心に祈ると、汗が血のしたたるように地面に落ちました。

次々と起きる人生のプロセス

「信頼する」 ということが私たちにも試されるときがあります。

自分にも

人々にも、深い愛情と思いやりをもたらす慈愛の人。

1本目にこのボトルを

選んだならば、本来のあなたはまさにそんな人。 

あなたを通して人は「もっとよい人生を送れるように変わろう」

と思うのです。人にインスピレーションを与えるのです。

下層のピンクが表すのは「無条件の愛」です。

B066
 
「愛」ってたくさんあります。 母の愛、父親の愛、男女間の愛、神様の愛
 
どのようなことをするのでも、その愛がベースになります。
 
シェイクするとペールバイオレット、まさに癒しの色ですね。 

スウォードのペイジ(Page of Swords)  セラピスベイというのは光明を得たマスターの名前です。

昨日はチエミンがひさしぶりにやってきてくれました。 長いこと、長いこと話して

最終的に彼女はこのクリアー/クリアーのボトルを大事そうに持って帰りました。

私たちの苦しみと、なぜ苦しんでいるのかということに関して

気づきをもたらしてくれるのがこのボトルと言われています。

カルマを克服し、新しい自分へと導いてくれるのです。

このボトルを使おうと決心したその瞬間に、きっと新しい何かがすでに

スタートしていて、もう変化は起きているように感じます。

心の中にはいらないものがいっぱいつまっている。

それを手放すことで私たちは軽くなる。

最大の浄化は結局「掃除」?

身の回りも、心も。 

 

 

2013年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: 13 1821)