» 2012 » 9月のブログ記事

ロイヤルブルーのボトルの名前は「大天使ラファエル」と言います。大天使ラファエルは
癒しの天使なのです。
ラファエルという名前には、「神は癒す」「神は癒した」「天の医者」という意味があるそうで、
セラピストやヒーラー、医師、看護師など、癒しを行う人にサポートをし、
内なるヒーリング能力を目覚めさせようとするそうな。

まさに、私たち人間のサード・アイを開くサポートをしてくれるのです。

また、場所の浄化や低次元のエネルギー除去にも威力を発揮。

スピリチュアルな面での癒しだけではなく、
物質的な面での医療行為に関しても癒しの力を授けてくれる大天使なのですって。
お~ラファエル、みなさんも困ったときは呼んでみましょう、ラファエル~!

自分の直観力をみがきたい、あわよくば超能力や透視力を身につけたい、な~んて思うならば

ロイヤルブルーです。3日前から私自身が使い始めました~。
今一番欲しいものかもしれません。
でも、ひょっとするとそれはもうすでに私達が持っているもので

見方がわからない、使い方がわからないだけなのかもしれません。
すべての人が持っている超感覚。

変化があったら報告しますね。

氏神様

| Cayaの店 | | 1件のコメント

元町は1丁目から6丁目までありますが、すべての町内にそれぞれ氏神様がいらっしゃいます。
こんな町中でと思うのですが
ちゃんといらっしゃるのですよ。

ちなみに5丁目の氏神様は走水神社と書いて

「はしうど」と読みます。もちろんお店からすぐそばにあります。

ある時に、「はしうど」ね、ありゃ?「せしゅうど」・・「せしうど」 Cerceau de Caya

なんか、似ているな~と思って、と言うかある人に言われて
はっとしました。 お~、これも何かのお導きか~。

今日はオープニングイベントをします。たくさんの方が来てくださいますように。
氏神様 よろしくお願いいたします。パンパン。

時間が過ぎて

現在6時半、無事終了。たくさんの方に来ていただくことができました。
ありがとうございました。 氏神様 ありがとうございました。

 

ヴィオレットの光線について書きました。ヴィオレットについて考えている時、ふと

「あれ? なんで紫式部って紫式部って呼ばれたんかな?」と思いました。
調べてみると本名ではなく、紫式部自身も自分が紫式部と、後世呼ばれることになるとは
思いもよらなかったようです。

源氏物語のヒロインである、「紫の上」 の作者であるということから紫式部と呼ばれるようになったとのこと。

じゃあ、「紫の上」ってどんな人?

あ~、ものを知らんということはなさけないこっちゃ。
これから少し調べますぅ。 とにかく、昔の人を(いや今でも、今までも)物語を書くことで、
わくわくドキドキさせたことはまちがいないですよね。 この世の美しさ、はかなさ、そして
芸術や文化について、書いたこともまちがいないはず。

紫、ヴィオレット、ラベンダー色 癒しの色、美しいナ~。

 

今朝電話が鳴りました。

「もしもし? 今日ね、庭にコスモスの花がいっぱい咲いたから、持っていこうかと思って」
と近所の友達。彼女とは20年以上お友達ですが、こんな電話がかかってきたのは
初めてです。

「えっ? うれしいな。実はね今からお墓まいりに出かけようとしていたところなん」

ということで、私はいただいたお花を持ってお彼岸にいけなかったお墓まいりに行ったのです。
ぼけ~としていて、何も準備をしていなかった私に花を持っていけ、と神様が届けてくださったような
そんなタイミングのよさです。

おまけに2時に店に滑り込んだら、すぐにお客様がいらしてくださって
コンサルテーション受けてくださって、あ~間に合ってよかった。
このタイミングのよさも、やっぱり、ご先祖様のおかげ? 神様のおかげ?
ありがとうございました。

 

2012年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: 12 2244)