今日はCerceau de Caya にて初めてのフランス語での絵本の読み聞かせの会がありました。

フランスで住んだことのあるご家族やフランス語を勉強している人たちが集まって来ました。最初は子ども達をなじませるために主催者である竹内さんが日本語で絵本を読みました。

どうやらお野菜の名前のクイズのようです。

まず、日本語で、そして英語で、そしてフランス語は先生のDvidに聞きます。

お~、3ヶ国語での勉強が出来ます。すばらしい。

フランス語に興味のある方、お問い合わせください。

 

 常寂光院

ずっと昔ですが、京都の端っこ(橋本)に住んでいたこともあり、京都はいろいろ行ったと思っていましたが、まだまだ知らない京都もたくさんあることに改めて気づきました。紅葉の季節には少し早かったのですが十分堪能して帰ってきました。

今回は嵐山で遊んでからトロッコ電車に初めて乗り亀岡まで。

そこで宿の人に迎えに来ていただき25分乗ると湯の花温泉に到着。

自分の為の空間と時間が用意されていて、本当にすばらしい宿でした。

すみや亀峰庵というところでしたが、お料理も含めすべてがすばらしかった。

それにしても、京都のなんと町全体が統一されていてすばらしいこと。

けど・・・日本語があまり聞こえてこない~。

周りは外国の方ばかりのように思えましたわ。

 


このボトルの名前はHead in Heaven and Feet on Earth

「頭は天に、足は地に」と言います。

可視光線のスペクトルの両端の色がレッドとバイオレットです。

私達が自分の中心にいると、頭(バイオレット)は考えすぎないで

足はしっかりと地に着いて(レッド)、とてもバランスが取れています。

身体的にも、感情的にも、精神的にも変容して夢の実現化に進みます。

 

アストラル体の中にある情報を、意識の上に呼び覚ますことを助けてくれるのがクイントエッセンスです。

今、私はクァンイン&ラオツー(老子&観音)を使っています。

色はペールオレンジで、香りはとっても甘いオレンジのようでスパイシーでもあります。すっごくいい香り。

テーマは過去からの情報を得るということ。

大天使メタトロンを使い始めたと同時に、このクイントエッセンスを使い始めたということにもすごく意味があるような気がします。だってメタトロンはアカシックを開くときにとても助けになる天使だからです。

自分の身体に弱いところがあったら、(または病気であったら)その理由がわかるとも言われています。

過去からの情報を得て、さて何がわかるかしら?

 

 

言い伝えですが、大天使メタトロンの体はこの世界ぐらい大きく、羽もとてもとても大きいそうです。

大天使の羽が大きいとか言われてもピンと来ないかもしれませんが

7月に八戸に行った時に、ビーマライトペンの交換セッションをしたのですが

その時に、私は自分の背中にある羽をビジョンで見たのです。

それはヒラヒラ飛んでいるちょうちょうのような大きさで(あまりに小さくて笑ってしまう)

外形がアルミのフレームで出来ていて、羽の中というかフレームの中はなんにもないんです。

とにかくフレームしかない羽だったのですね。(飛べるわけないわ)

おまけに半分折れてしまいました。

けれども周りにいる仲間達は

「それはいいことだ」 というのです。

「なぜ?」

「だって新しい羽がはえてくるのでしょう?」

なるほどね。

では私は新しくはえてくる羽をケアしなければ。

自分のことをケアすることは大切ですもの。その時からしばらくしてから

私はオーラソーマのボトルを使うこととともに

エドガーケイシーの唱えたひまし油シップを始めました。

ひまし油を塗ったフランネルを肝臓と腎臓にあてて、温めるというものです。

さてさて、あれから約一ヶ月がたちましたが、そろそろ新しい羽がはえてくるころですかね~?

 

 

 

最近のコメント

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このサイトをRSS2.0で購読マーク RSS

 

(T: _ _)